うつ卒業しました。

糸をほどいて

「うつ病」と言われると、一世一代の難病にぶつかったような感じがする人もいるかもしれません。けれど実際は、そんなことはありません。まずは、そのあたりのところを認識するところから始めるべきでしょう。
うつ病というのは、治せる病気である。そういう気持ちを持つことが大事です。
例えば、それは裁縫をしているときに、糸がこんがらかってしまうようなものなのです。どんなに器用な人だって、ちょっとしたきっかけで起こり得ることです。こんがらかってしまったものは、しょうがないのです。
大事なのはこんがらかってしまったとき、それをゆっくりとでも、ほどいていく方法を知ること。まずはどうすればいいのか、次にどうすればいいのか、そしてその次に……ということを、知っていくことが大事なのです。

早い段階での診断。まずはどうすればいいのか?という疑問に対する答えがコレです。
「もしかしたら、うつ病かな?」そういう感じがあったら、すぐに診てもらいましょう。そして、診断をしてもらいましょう。そうすることで、いま自分の「糸」がどうなっているのか、知ることが出来ます。
糸のほどき方も、教えてもらうことが出来るでしょう。
もちろんうつ病は、風邪や何かと同じ「病気」のひとつですから、診断は病院でしてもらえます。また、自分で診断する方法もあります。
そこから、すべては始まります。

  • 早めの診断

    早めの診断

  • うつ病の症状

    うつ病の症状

  • 現代型うつ病とは?

    現代型うつ病とは?

  • 上を向いてみよう

    上を向いてみよう

  • ネットで簡単チェック

    ネットで簡単チェック

  • 病院へ行こう

    病院へ行こう

  • 世界のうつ病

    世界のうつ病

うつ病は予防できる

うつ病は予防できる