うつ卒業しました。

早めの診断

風邪を引いたときでも、お腹をくだしてしまったときでも。何やかやといろいろな名前がつく病気のすべてに言えることは、「早期の診断が大事です」といういこと。
「何かおかしいな」と思うことがあったら、病院に行くなり、自分でちょっとチェックしてみるなりして、現状を把握することです。
なぜなら、病気の多くは放ったらかしにしとけばしとくほど……つまり、発見が遅くなればなるほど、治すのが難しくなってしまうからです。階段をどんどん降りていってしまう人の背中には、早いところ呼びかけたほうがいいのと同じことです。
こっちが長い階段を下りるハメになってしまう前に、しっかり呼び止めましょう。病気が重くなる前に身体を呼び止め、こっちを向かせて、登ってきてもらうことが必要なのです。
それが、病院なり何なりで、診断してもらうということにほかならないのです。

早期の診断がモノを言うのは、うつ病の治療であっても同じです。風邪の場合は、ウィルスが身体の中に入ってきてどんどんその勢力を拡大し、風邪の症状は重くなっていきます。
うつ病の場合にも、ウィルスこそないものの、病気は段階を追って重くなり、最終的には取り返しのつかないところまで行ってしまわないとも限りません。
そういうわけで、うつ病の診断も早めに受けることが肝心なのです。病院の心療内科や精神科などに行くと、診断を早く受けることが出来ます。また、街にあるメンタルクリニックなどを訪ねるのも手段のひとつでしょう。

また、うつ病は診断を受け、その後ゆっくりと時間をかけて治療をしていかなければならない病気です。ですから、家の近くに病院やクリニックを見つけるなど、生活スタイルに合わせた向き合い方が必要です。